現在多くの一般家庭でもミネラルウォーターを飲用水として購入している方も多く一般家庭でも宅配業者などから直接自宅へ配達してもらっている家庭も増えてきています。

単に購入した水でも様々な呼び名があり実際のところどういったものかいまいちピンと来ないといった方もいらっしゃると思われます。

農林水産長よりミネラルウォーターに関する品質のガイドラインが水道法によって定められており表示名によって殺菌方法が異なるなどの違いを持たせています。
このガイドラインによって一般にミネラルウォーターと呼ばれているものを大きく分けて4つに分けられています。

先ずは地下水を源水として濾過、殺菌加熱処理、沈殿などの処理を行っているものをナチュラルウォーターと呼びこの中でも地層に含まれる無機塩類溶解したものと、天然の二酸化炭素が溶解して発泡性を含んでいるものをナチュラルミネラルウォーターと呼びます。
一般的に天然水と呼ばれているミネラルウォーターが後者に当たります。

これらの他にナチュラルミネラルウォーターを源水として品質安定保持の他、人為的に調整がなされている物に関してはミネラルウォーターと呼んでおり他にもこれら3種の物以外ではボトルドウォーターと呼んで区別しています。

ナチュラルミネラルウォータは飲料水として販売されるに当たり二酸化炭素が含まれている事を明記するように水道法によって義務付けられており炭酸水は一般的に好き嫌いの好みも分かれる事からラベル表示にも炭酸水、温泉水、スパークリングウォーター等と表示して通常のナチュラルミネラルウォーターとは区別して販売がされています。

一般的なミネラルウィーターに含まれている成分にはカリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムが有り他にサルフェートという日本のミネラル水には殆んど含まれていない成分で輸入物に含まれている事が多い成分も有ります。
このサルフェート硫酸塩の事でありは老廃物を体内から排出する働きを持っており新陳代謝を活発にしてくれる事で知られています。