水道水は厚生労働省が水道法によって水質基準を設けており最新のものは平成15年に改訂、制定が行われ、平成20年に施行されていますが状況に応じて改訂されたり追加されたりして水質基準に関しては平成20年以降も21年、22年、23年と強化設定や水質管理に目標値や見直し、強化などを適宜審査して改訂などをこまめに行っています。

この中で厚生労働省は既に水質基準項目(現、51項目)と基準値を細菌や化合物の名称ごとに細かく設定しておりこれらの厳しい水質管理が行われて始めて日本では水道水として一般的な飲料用として飲料に用いる事が出来ます。

日本で始めて現在のシステムに近い水道システムが開始されたのは明治20年と言われており明治23年には水道条例が制定され首都の東京では明治31年に浄水システムが整い水道システムが開始されています。

時代が移り変わると共に様々な水質に関する不安要素、更には浄水場から各家庭の蛇口までの間に菌などが増殖しない様にこれらの不安要素を取り除くため使用される塩素などの多量投入によって残留してしまう残留塩素の中にトリハロメタンなどの発がん性物質と言われるものが残留しており衛生的な水質を保つ為に過剰摂取された塩素などの投薬によって現在では却って健康を害する恐れも考えられる様になってしまっています。

そういった背景から現在では水を購入し飲料や調理などに最適かつ用途に最適な様々なタイプの水が販売されるようになっており消費者もペットボトルからサーバー専用の大型ボトルの購入に移り変わってきているのです。