天然水という言葉を耳にしたり商品名になっていたりするけれど一体天然水ってどういったものを天然水と呼ぶ’か皆さんはご存知でしょうか。

農林水産省のミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインには特定水源から採取された地下水源水を沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的、科学的処理を行なっていない水をミネラルウォーターと記載可能とされています。
また、ナチュラルミネラルウォーターに関してはナチュラルウォーターの中でも鉱化された地下水を源水とした水に関してはナチュラルミネラルウォーターと記載が出来るとされています。
鉱化された地下水というのがミネラル分が溶解したものであり沈殿、濾過、加熱殺菌以外の処理はされていないという事になります。

つまり、人工的に水を濾過や加熱殺菌されたものはミネラルウォーターと呼ばれ自然環境によって濾過された水をナチュラルミネラルウォーターと呼んで区別しているというわけです。

天然水をナチュラルミネラルウォーターと呼ぶ事からミネラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターは同じ天然水に思われがちで混乱しそうですがこれらの様な違いがあるという訳なのです。

他にもナチュラルウォーターの品質安定の為に人工的に調整の行われているものをネラルウォーター、これら以外の物に関してはボトルドウォーターと呼ばれ同じ水でも4種に分けられその中で最も天然そのものに近いのがナチュラルミネラルウォーターであり一般にイメージされている天然水なのです。