自信や家族の健康不安や水道水の不安要素増加などによって最近では水は購入して積極的に摂取している方も多く購入する水に関しても出来る限り体に良い物を飲みたいと水にこだわる方も多くなってきました。

バナジウムは1830年にセフストレーム氏が発見し原子番号23番元素記号はVです。
南アフリカや中国、ロシア、アメリカで算出されており世界の消費量の90%がこの4各国で採取されていると言われています。
スカンジナビアの神話、愛と美の女神バナジスにちなんで命名されています。

様々な生物から検出されておりホヤ、コンブなどの紅藻類に多く見られるほかエビやかに等にも含まれています。
バナジウムはビタミンと同様に体内生産出来ず食物によって摂取します。
人体にも存在するものであり腎臓や肝臓などにも有ります。

日本ではこのバナジウムが採取できる箇所は非常に限られた地域のみで富士山麓にある玄武岩に含まれていると見られています。
この玄武岩に含まれているバナジウムが雨等とともに地下へとおよそ1000年もの長き時をかけて自然濾過されるため土中に含まれる様々な栄養素を含み地下水へと流れ出していきます。

バナジウム水に含まれるミネラルは実に多くの成分を含んでおり平均的なミネラルウォーターと単純に比較しても5倍以上のミネラル類を含んでいます。

バナジウムは血糖値を下げるインスリンに似た働きをする事が最近の研究によって解明されており他にも血中コレステロールの増加を制御させる傾向があるとして未だ解明されていない部分も有り課題の残されている人体にとって必須ミネラルですが研究者達によって現在も研究が進められています。

飲用以外にバナジウム温泉と言われる言葉を聞かれた事のある方も多いと思われますが細胞活性化や皮膚のアンチエイジング効果が有り肌に対して浸透力が高いとも言われています。

加熱による成分変化も無い事から料理などに用いて気軽に経口摂取する事も可能なのでコーヒーや紅茶、料理などに用いると手軽に摂取できるでしょう。