様々なミネラルウォーターが販売されている現在、主留意も豊富で特に気軽に購入できるペットボトルなどでミネラルウォーターの購入をされた事がある人が殆んどだと思いますが海洋深層水という種類のミネラルウォーターについても名前を耳にした事がある人が多いのではないでしょうか。

海洋深層水とは人間に必要なミネラルを豊富に含んでおりグリーンランド沖と南極海で採取される水です。
表層の海流に乗って移動している水が赤道近くを通った後グリーンランド近くの極域に到達し、その後海氷生成時に派出される塩分を含むため塩分を多く含んだ海水は一般の海水に比べ重くなり水深200m以上も沈み込みゆっくり移動し1200年以上かけて元の地点へ戻っていきます。
スタート地点から元に戻るまでにおよそ2000年以上の時をかけてゆっくりと熱や溶解物質、ガス等と混ざりながら移動して居り水深数百メートルという太陽の光の届かない世界にある為プランクトンなど光合成を必要としているものが生育できず無機栄養塩が残される形で豊富に含まれており大陸などからの大気汚染や人為的な河川汚染のの影響を受けない場所の水である事から有害な菌等も極度に少なくなっており衛生的な水となっています。

海洋深層水の特性として水面近くの大陸からの汚染や排水に汚染されにくく清浄性に優れている事。
植物プランクトンなどの成長に不可欠な養分が深海には太陽が届かず光合成出来ずにそのまま残されている事。
海水表層では太陽の光などが届きやす行く天候や気温に左右されやすい水温も光の届かない水域では水温や含まれている養分が安定しているなどの特性が有ります。

日本近海でも海洋深層水は豊富にある為全国的に採取出来る上研究なども盛んであり飲用水意外にも食品や医療など水と密接な関わりを持つ分野で海洋深層水の活用がなされています。

海水治療であるタラソテラピーに於いてもリラックス効果や拡張期血圧の効果なども医学的に確認されており今後も様々な面で活躍される期待の大きな水と言えるでしょう。