水の成分についてはカルシウム、マグネシウム、塩類、などの濃度によって皆さんもご存知の軟水、硬水に分けられています。
硬度によって水の味も異なる事、日本では軟水地域が多いため比較的軟水を好む傾向に有りますがヨーロッパ等では硬水である事からやはり硬水が好まれる傾向にあるといわれています。

WHO世界保健機関によってアメリカの硬度を基準に設定されており高度が0~60未満を軟水、60以上から120未満を中硬水と呼び120から180未満を硬水、180以上を非常な硬水とされておりミネラルウォーター1リットル中のカルシウム、マグネシウムの含有量によって判断されています。
計算式としては硬度(mg/L)=カルシウム(mg/L)×2.5+マグネシウム(mg/L)×4.1とされて居るそうです。

この硬度の数値は国によって違いがあり現在の日本では0~100未満を軟水、100上に関しては硬水と呼んで一般化しています。

ミネラルウォーターは雨や雪が土に吸収され数ヶ月から数年掛けじっくりと天然濾過され地下水として湧き出ており天然濾過を行う地層に含まれている物質の違いから高度が異なっています。
沖縄を除く日本ではほぼ軟水とされており販売されているミネラルウォーターも半数以上が軟水ですが中軟水に属するミネラルウォーターも販売されています。

軟水と硬水を用途別に分けるとすると軟水は香り等を楽しむお茶や料理に向いていると言われており旨みを楽しむ魚料理や肉料理などの調理の際には硬水が向いていると言われて居り、軟水を用いて調理すると本来の旨みが逃げやすいと言われており各国の食生活と高度は密接な関わりがあると言われており比較的肉料理の多い国や地域では硬水が多いと言われている事でも知られています。
また、考え方によっては水に含まれるミネラルなどが豊富で水から補う事が可能な為、肉料理が発展したとも考えられます。

おいしいミネラルウォータとして評価され人気のある物は含有成分の多い少ないではなく軟水、硬水でも無くバランス良く成分が配合されているものが美味しいと評価されています。